LECT-gym 菊名

菊名駅西口徒歩1分にあるパーソナルトレーニングジム。LECTスタッフによるブログです。

ボディメイクにバナナがいい!

こんにちは!

 

トレーナーの齋藤です。

 

今回はボディメイクにバナナが最適?というお題で詳しくお話しします。

 

バナナを筋トレ前後に食べるメリットは以下の5つです!

  1. エネルギー補給ができる
  2. 筋肉の修復を促進する
  3. 筋肉の痙攣(けいれん)を防ぐ
  4. 筋肉の疲労を回復できる
  5. プロテインの吸収率アップ

 

それでは具体的に解説します!

 

【バナナのメリット1】エネルギー補給ができる

バナナは筋トレ中のエネルギーになる炭水化物が豊富。体内への吸収速度も早いので、エネルギー補給に役立ちます。

 

食べ物別で吸収にかかる時間をまとめると以下の通りです。

  • バナナ 40分
  • 野菜  2時間
  • ごはん 8時間
  • お肉  12-24時間

このようにほかの食べ物と比較してもバナナは吸収速度に優れていることが分かります。そのためエネルギー補給には炭水化物が豊富で吸収速度の速いバナナを選びましょう!

 

【バナナのメリット2】筋肉の修復を促進

バナナには、筋肉痛や肉離れによって損傷した筋肉を修復する効果があります。バナナは筋肉が作られるときに必要な、ビタミンBが多く含まれる食品です。その量は健康食品の代表である、納豆約3パック分!

筋トレによってエネルギーの消費が多いと感じた日にはビタミンBが含まれるバナナを食べて筋肉の修復を促進しましょう!

 

【バナナのメリット3】筋肉の痙攣を防ぐ

筋肉の疲労や水分不足などによって起こる、筋肉の痙攣に悩む方もいるのではないでしょうか。バナナを食べれば、痙攣を防ぐ効果が見込めます。

バナナは、疲労回復の促進や体内の水分量を調整する役割を持つカリウムが豊富です。バナナ1本につき360㎎。リンゴ3個分となっています。

筋肉が痙攣しているなと感じる人は、バナナを取るようにしましょう。

 

【バナナのメリット4】筋肉の疲労を回復できる

バナナには、強い抗酸化作用があるポリフェノールが含まれているので、筋肉の疲労を回復させる効果があります。

ポリフェノールが、筋トレによって発生した活性酸素を取り除くことで、トレーニング後の筋肉に疲労回復の効果を与えます。 

ちなみに、バナナに含まれるポリフェノールの含有量は、赤ワインや緑茶の次に高く、生活習慣病の予防にもなると考えられています。筋トレを頑張った日はバナナを食べて疲労回復させましょう!

 

【バナナのメリット5】プロテインの吸収率アップ

プロテイン、つまりタンパク質は、バナナのような炭水化物と同時に摂ることで吸収率が高まります。

炭水化物を摂ることで、体内に入ってきたエネルギーを筋肉へ届ける働きがあるインスリンというホルモンが分泌されるのです。インスリンにはタンパク質の吸収率を高め、筋肉の合成を促進する効果があります。

逆に、タンパク質だけ摂ってしまうと、窒素やアンモニアなどの疲労物質に変換されてしまうと言われています。

たんぱく質が筋肉に合成されるのを助けてくれる栄養素が、ビタミンB6です。そして果物ではバナナにわりと多く含まれています。

体内に効率よくプロテインを吸収させるために、間食や小腹が空いた時にはバナナを活用するのがお勧めです。

 

以上がバナナを食べるメリットになります。

食べすぎはダイエットの妨げになることもあります。

適度に上手く活用する必要があります。

f:id:LECTgym:20211203102622j:plain

菊名待望のパーソナルトレーニングジム【LECT】
『体と心をトレーニングする。』
ADDRESS:横浜市港北区篠原北2丁目4-2 日東ビル102
TEL:045-834-8988
HP: https://lect-gym.jp

Instagram : @lect_gym お気軽にフォローお待ちしております!

f:id:LECTgym:20210921212749p:plain