パーソナルトレーニングジムLECT

菊名駅西口徒歩1分にあるパーソナルトレーニングジム。LECTスタッフによるブログです。

筋肉が減ってしまう原因3選

こんにちは!

 

トレーナーの高澤です!

 

今回は筋肉が減ってしまう原因3選について説明致します!

筋肉が減ってしまう原因3選

二度寝

•飲酒

•水分不足

今回はこの3つです!

まずは二度寝をすると、はなぜ筋肉が減ってしまうのか?

人間は、1度目が覚めると交感神経が優位になります

その状態で再び眠りに入るとコルチゾールが出て筋肉が分解されるリスクが高まります

一度起きたらもう寝ないように心がけましょう。

次に飲酒をするとなぜ筋肉が減ってしまうのか?

お酒を飲んでしまうと、せっかく鍛えた筋肉量が減り、筋トレが無駄になってしまう恐れがあります。

飲酒するとストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールが増加

筋肉を減らさないためにもお酒を飲むのはなるべく控えましょう。

最後に水分不足だとなぜ筋肉が減ってしまうのか?

体内の水分が不足すると体脂肪が燃焼されにくくなる&運動のパフォーマンスが下がります。

追い込めなくなるリスクが高まるので、水分補給はしっかり摂りましょう!

1日2〜3Lの水分を摂るように意識してみましょう!

 

f:id:LECTgym:20220701215008j:image

 

筋肉をできるだけ減らさずにボディメイクをおこなっていきましょう!

LECT「体と心をトレーニングする。」

広々とした空間で、シャワー、駐車場・駐輪場ご利用なら「LECT本店」

プライベート空間重視の方には「LECT EAST」

【LECT 本店】

横浜市港北区篠原北2丁目4-2 日東ビル102

【LECT EAST店】

横浜市港北区菊名4-2-1 渡辺ビル3F(ビル脇の階段をお上がりくだだい)

TEL:045-834-8988

HP:https://lect-gym.jp

Instagram : @lect_gym お気軽にフォローお待ちしております!

筋トレで骨が強くなる!

こんにちは!

 

トレーナーの石井です!

 

筋トレの目的といえば筋肉を鍛えることです。

ですが実は、筋トレで強化されるのは筋肉だけではありません。

筋トレを続けると骨も強くすることができるのです!

 

筋トレで骨が強くなることで、骨がスカスカになって骨折しやすくなる骨粗鬆症」の予防にも効果があります!

 

ではなぜ筋トレで骨を強くすることができるのか?

 

今回はなぜ筋トレで骨が強くなるのか解説します!

 

骨を強くするにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを摂取することが重要とよく言われます。

これはみなさんもよくご存じだと思います!

 

ですが実は、ミネラルをいくら摂ってもそれだけではダメなのです。

 

カルシウムなどのミネラルを効果的に骨に取り込むためには、筋トレによる刺激が必要になります。

 

筋トレやウォーキングをすると振動で骨に圧力がかかります。

 

骨に圧力をかけると、骨がマイナスの電位を帯びる「圧電効果」が起こり、プラスの電位を帯びたカルシウムが骨に定着しやすくなります!

 

これによって骨が強くなるというワケです!

 

また、筋トレによって分泌される成長ホルモンを介して生じるIGF-1(インスリン様成長因子)が骨を成長させてくれるとも言われています!

 

骨密度がアップする=骨が強くなるということですから骨粗鬆症の予防に効果的だということです!

 

筋トレは若者だけがするものではなく、中高年の方こそ骨の健康のためにも筋トレをするべきなのです!

 

もちろん骨だけでなく、高齢者であっても筋トレによって筋肉も活性化します。

 

なので骨粗鬆症の予防のためにも筋肉を維持して健康的な生活を送るためにも筋トレは大切なのです!

 

 

f:id:LECTgym:20220629175903j:image

 

 

LECT「体と心をトレーニングする。」

広々とした空間で、シャワー、駐車場・駐輪場ご利用なら「LECT本店」

プライベート空間重視の方には「LECT EAST」

 

 【LECT 本店】

横浜市港北区篠原北2丁目4-2 日東ビル102

 

【LECT EAST店】

横浜市港北区菊名4-2-1 渡辺ビル3F(ビル脇の階段をお上がりください)

 

TEL:045-834-8988

HP:https://lect-gym.jp

Instagram : @lect_gym お気軽にフォローお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

大会に向けて食べている食事内容

こんにちは!

トレーナーの千葉です!

今回は僕が減量で食べている1食を紹介致します。

僕は現在8月の大会に向けて4月から4ヶ月間かけて体重を落としております。

基本的にローファットでの減量をしております。

あとは減量の段階によって炭水化物の量を調整しております!

ここからは僕が実際に食べている4食の内の1食を紹介致します。

写真に載せている食事は朝に食べているものになります。

ご飯 150g
牛もも肉 150g
納豆 1パック
アスパラガス

合計 639kcal   炭水化物60g  タンパク質41g  脂質15g

朝はしっかりエネルギーになるものとタンパク質を取るように心がけております!

これからも僕が食べている食事や減量経過を載せていきますので是非ご覧になってください!

ブログ画像
LECT「体と心をトレーニングする。」
広々とした空間で、シャワー、駐車場・駐輪場ご利用なら「LECT本店」
プライベート空間重視の方には「LECT EAST」
【LECT 本店】
横浜市港北区篠原北2丁目4-2 日東ビル102
【LECT EAST店】
横浜市港北区菊名4-2-1 渡辺ビル3F(ビル脇の階段をお上がりくだだい)
TEL:045-834-8988
HP:https://lect-gym.jp
Instagram : @lect_gym お気軽にフォローお待ちしております!

腹筋を鍛えよう

こんにちは!


トレーナーの寺地です!


今回は腹筋を鍛えるメリットについて説明していきます。


腹筋を鍛えるメリット


脂肪がつきにくい体になる


ブヨブヨにたるんだお腹は、筋肉量が減っている証拠です。


腹筋を始めとするインナーマッスルを鍛えれば、失われた筋肉量、そして基礎代謝を取り戻すことに繋がります。


同じ体重で比べても、筋肉量が多い人ほど消費するエネルギーは大きいものです。

 

つまり、筋力をアップすることで脂肪のつきにくい体を作ることができます!


便秘解消


主に女性に多い悩みの一つ、便秘。腹筋の力が弱いと、便を排出する際に腹圧を十分に上げることができず、結果として便秘を招きます。


腹圧を上げるためには、腹横筋が特に重要です。


腹横筋は腹筋の深層にあり、背中からお腹までをぐるりと囲む筋肉です。


コルセットのような働きがあるため、鍛えることで腹圧を上げ、便秘を解消することができます。


腰痛予防


腹筋を鍛えることは、慢性的な腰痛を取り除くことにも繋がります。


即効的な痛みの改善には腹直筋のトレーニングが有効ですが、根本的な改善を目指すなら腸腰筋と脊柱起立筋群が重要です。

 

背中を強化し、腰椎をしっかり固定し、前面と背面の筋肉を強化すれば、慢性的な腰痛はかなり軽減されます。


このように腹筋を鍛えるメリットは沢山あります。


いきなり頑張りすぎて腰を痛めることの無いよう、無理せず自分にあった負荷で頑張っていきましょう!

f:id:LECTgym:20220628203206j:image

 

LECT「体と心をトレーニングする。」

広々とした空間で、シャワー、駐車場・駐輪場ご利用なら「LECT本店」

プライベート空間重視の方には「LECT EAST」

 

 【LECT 本店】

横浜市港北区篠原北2丁目4-2 日東ビル102

 

【LECT EAST店】

横浜市港北区菊名4-2-1 渡辺ビル3F(ビル脇の階段をお上がりくだだい)

 

TEL:045-834-8988

HP:https://lect-gym.jp

Instagram : @lect_gym お気軽にフォローお待ちしております!

トレーニング記録 食事について

週2回のパーソナルトレーニング日課に、今日で5回目を終えました。

どんなことをしているか、簡単にご紹介します。

 

私の目的は前回のブログにも記した通り、第一は「体力アップ」!!

そのため、まずは筋肉の量を増やしたいところ、ですが筋肉だけで増量というのはそう簡単ではありませんね・・・。

 

今までの食生活から、急激にエネルギー(炭水化物)を増やすことは、虚弱な胃・・・への負担が心配なことと、血糖値も気になるところ・・・。

 

ということで、トレーナーから課せられた食事のポイントは、

「まずはタンパク質をしっかりと必要量摂りましょう」ということです。

少なくとも自分の体重分(体重50kgの方は、1日にタンパク質50g)を目指します。

 

多めに見積もって、私は毎食20gを目指し、1食で補えない時は間食でタンパク質を摂取することを目標にしました。

朝、バタバタで食事で補えない時はプロテインに頼ったり

コンビニでは(炭水化物はとりあえずおいておいて)タンパク質が多めで食べたい物を、

車内のおやつはささみをチョイスしたり(意外と美味しい!)

日々の食事内容は、写真を撮ってトレーナーにLINEで送り、トレーニングの時にフィードバックをしてもらっています。

食事を送る生活は、正直面倒くさい・・・笑、ですが2週間続けて思うことは、これも慣れです!!今ではそこまで苦ではなくなりました。

 

そして継続することによって、大体タンパク質はどれぐらい含まれているのか、記憶できるようになっていきます。

なんか成長した気がする!と思い込みます!!

 

次回は、どんなトレーニングを受けているのか、綴りたいと思います!

 

asami

 

 

LECT「体と心をトレーニングする。」

広々とした空間で、シャワー、駐車場・駐輪場ご利用なら「LECT本店」

プライベート空間重視の方には「LECT EAST」

 

 【LECT 本店】

横浜市港北区篠原北2丁目4-2 日東ビル102

 

【LECT EAST店】

横浜市港北区菊名4-2-1 渡辺ビル3F(ビル脇の階段をお上がりください)

 

TEL:045-834-8988

HP:https://lect-gym.jp

Instagram : @lect_gym お気軽にフォローお待ちしております!

 

タンパク質の取りすぎはよくない第二弾

こんにちは!

 

トレーナーの齋藤です。

 

今回も、タンパク質を摂りすぎると起こる症状について第二弾です。

 

尿路結石になる可能性

動物性タンパク質の摂りすぎは、尿路結石の原因になります。
動物性タンパク質を摂取すると、身体の中で「シュウ酸」や「尿酸」という物質が増加します。

シュウ酸は、とくにカルシウムと結合する性質をもちます。
腸の中でカルシウムとシュウ酸が結合して便となって排出されます。

ところがタンパク質を摂りすぎると、腸で吸収しきれなかったシュウ酸が尿として排出されることになります。
尿に含まれるカルシウムが結合すると、石のような塊となり尿管を詰まらせ、尿路結石を引き起こすのです。

 

腸内環境の乱れ

大腸内には100種類以上の腸内細菌が常在しています。
腸内細菌には「善玉菌」と「悪玉菌」、それとどちらにでもなる「日和見(ひよりみ)菌」がいます。

圧倒的に「日和見菌」が多いのですが、悪玉菌の勢力が強くなると悪玉菌に、善玉菌の勢力が強くなると善玉菌へと変化します。

腸内環境は、当然食べるもので日々変化します。
タンパク質の摂りすぎで悪玉菌が善玉菌よりも優位になると、日和見菌が一斉に悪玉菌となり腸内環境を乱してしまいます。

腸内環境が乱れると便秘や口臭・体臭の原因になるだけでなく、発がん性物質が多く作られるなどの病気のリスクが高まります。

 

筋肉を付ける上で、タンパク質はとても重要ですが取りすぎは注意です!

一食あたり20gを守って取り続けることが大事です。

 

LECT「体と心をトレーニングする。」

広々とした空間で、シャワー、駐車場・駐輪場ご利用なら「LECT本店」

プライベート空間重視の方には「LECT EAST」

【LECT 本店】

横浜市港北区篠原北2丁目4-2 日東ビル102

【LECT EAST店】

横浜市港北区菊名4-2-1 渡辺ビル3F(ビル脇の階段をお上がりくだだい)

TEL:045-834-8988

HP:https://lect-gym.jp

Instagram : @lect_gym お気軽にフォローお待ちしております!

シトルリンについて!

こんにちは!


トレーナーの高澤です!


今回はシトルリンについて説明致します!


まず、『シトルリンって何?』とほとんどの方が疑問に思うはずです。

シトルリンとは遊離アミノ酸のひとつで、ウリ科の植物に多く含まれており、食品から摂取できます。

アミノ酸の状態で生体内に存在しており、特にアンモニアから尿素を生成する回路で、重要な役割を果たしています。


シトルリンの効果について

シトルリンには血管拡張作用があり、運動パフォーマンスを向上させたり、血流をよくしたりする効果があります。


筋トレをサポート

シトルリンは、生体内のオルニチン回路のなかで重要な役割をしています。

体内のシトルリンが増加すると、アルギニンが増え、その結果、体内の一酸化窒素の濃度が上昇します。

この一酸化窒素には血管拡張作用があるため、血流量が増加して運動のパフォーマンスを向上させます。

 

血流改善で冷え・むくみの解消に

シトルリンを十分に摂取し、オルニチン回路を活性化すると一酸化窒素が増えるため、運動パフォーマンスの向上だけでなく、血流をスムーズにし、冷えやむくみの症状を改善することができます。

などの効果が期待できます!


シトルリンを多く含む食べ物

イカの他にもメロンや冬瓜、キュウリ、ニガウリ、ヘチマなど、ウリ科の植物に比較的多く含まれています。

f:id:LECTgym:20220624200227j:image

是非皆様も意識的に摂るようにしてみてください!

LECT「体と心をトレーニングする。」

広々とした空間で、シャワー、駐車場・駐輪場ご利用なら「LECT本店」

プライベート空間重視の方には「LECT EAST」

【LECT 本店】

横浜市港北区篠原北2丁目4-2 日東ビル102

【LECT EAST店】

横浜市港北区菊名4-2-1 渡辺ビル3F(ビル脇の階段をお上がりくだだい)

TEL:045-834-8988

HP:https://lect-gym.jp

Instagram : @lect_gym お気軽にフォローお待ちしております!